熊本県中小企業家同友会

組織紹介

青年経営者部会

2019年度役員

会内役職 氏名 会社名/役職
部会長 光澤 陽介 (株)アドシン/専務取締役
副部会長 國元 祐介 (株)アセット/取締役
副部会長 福間 暁 (株)あいだDESIGN/代表取締役
副部会長 米川 昌志 (株)ヨネカワ
幹事長 穴井 憲一郎 (株)キューケンシステム/代表取締役

スローガン

未来を創れる魅力リーダーになり、
社会に必要とされる企業をつくろう!

理念

  • 1. 全員黒字経営!人を大切にし、人に選ばれる会社にしよう。
  • 2. 学び、実践し、成果を出し続ける魅力あるリーダーになろう。
  • 3. 志を磨き合い、理念経営を実現できる仲間を地域に増やそう。

指針概況

  • 1. 人手不足、後継者不足が社会的に問題となっており人材育成や後継者育成が求められている。
  • 2. 経営思想・経営戦略・経営計画を立案実行可能な総合的資質が中小企業の経営参画者には求められている
  • 3. 価値観の多様化、働き方改革により、今までの経営常識が通用しなくなって来た。経営者も社員も時代に合わせた意識の変革が求められている
  • 4. 青年経営者部会は県全体での連携活動が出来ていない。熊本市内と市内から離れた地域(天草、人吉、八代)の青年経営者が連携出来る環境や仕組みづくりが必要となる
  • 5. 熊本青年経営者全国交流会(以下、青全交)開催に向けて、県内支部・委員会と連携するとともに、他県との関わりも重要になる
  • 6. 約160名の青年経営者部会会員数ではあるが、例会や同友会活動に意欲的に参加している会員者数は30%程度。共に育つ仲間を増やすために、青全交にどれだけ会員を捲き込めるかがポイントとなる

中期活動方針

  • 1. 天草、人吉、八代に青年支部をつくり、地方の若手経営者育成に繋げる
  • 2. 青年メンバーの経営指針書作成者数を50%以上にする!
  • 3. 社員と共に実践報告が出来る学びの場をつくる
  • 4. 会員一人一人の経営課題を明確化し、同じ課題を抱えた会員同士をチーム編成課題解決のための場をつくる
  • 5. 2021年までに250名体制を目指し、純動者率70%を実現する

今期活動方針(計画)

  • 1. 天草、人吉、八代、ゆ~ほく支部の青年経営者と共に活動が出来る環境をつくる
  • 2. 定期的に会員同士が集まって経営指針書作成を実践できる環境をつくる
  • 3. 社員経営者と社員とが共に学べ、信頼を深め合える環境をつくる
  • 4. ITツールを利用して課題等を共有できるようにする
  • 5. 熊本青全交の機会を活かし、新会員の発掘や共に学ぶ仲間を増やす