熊本県中小企業家同友会

組織紹介

南支部

2018年度役員

  • 中嶋 昭仁
    支部長中嶋 昭仁

    ユ-・エス・ビ-(株)
    代表取締役

  • 岩井 雅彦
    副支部長岩井 雅彦

    (株)アドロック
    デザイン
    代表取締役

  • 渡辺 裕介
    副支部長渡辺 裕介

    渡辺綜合法律事務所
    所長

  • 磯野 幸治
    幹事長磯野 幸治

    (株)システムサイエンス
    代表取締役

  • 詫間 史宜
    副幹事長詫間 史宜

    (株)ドゥ・アシスト
    専務取締役

  • 田上 雅夫
    副幹事長田上 雅夫

    ホーム ヴィジョン
    代表

  • 吉本 千剛
    副幹事長吉本 千剛

    税理士法人
    さくら優和パートナーズ
    中小企業診断士

スローガン

心動かす例会、みんなで感動!

理念

Ⅰ 同友会理念のもと、会員相互の理解と共有を深めて、共に学び、実践し、育つ経営者グループとなる。


Ⅱ 我々は、中小企業経営と同友会活動をつうじて「熊本を元気」にする。

指針概況(振り返り)

  • 1. 昨期は四役を軸に各例会運営について、幹事の自主的企画、民主的運営に任せる方向で役割分担しており、これが事務局改編に伴う支部自主運営移行の基盤となった。
  • 2. 2017年度新入会員18名、退会者14名、転出者1名、復会者1名、期末会勢134名、前年度比会勢2名増であった。(期首会勢132名)(2018年3月31日現在)
  • 3. 2017年度退会者14名、休会者7名、退会率10.6%、休退会率15.9%(2016年度退会率6.8%、休退会率12%)(2018年3月31日現在)
  • 4. 2017年度仲間づくり実績18名、純増4名であった。(期首純増目標5名に対し達成率80%)(2018年3月31日現在)
  • 5. 2017年度は経営実践報告例会2回、学びの例会1回、交流例会4回をはじめ、年度当初に計画した例会・事業は全て滞りなく実施した。

中期活動目標数値(計画) 2017年度~2019年度(3ヶ年)

  • 1. 例会参加率80%を目指す
  • 2. 新入会員を中心とした支部会員が同友会の本質を理解し学び実践できる支部運営
  • 3. 経営指針を創る会への積極的参加(参加率10%)
  • 4. 一言で支部のidentity(アイデンティティー)が説明できる支部づくり
  • 5. 他支部例会・部会・委員会への参加促進と報告連絡の充実

今期活動目標数値(計画)

  • 1. 2018年度の各例会参加者数平均50名を目指す
  • 2. 2018年度会員数目標140名(2017年度期末会勢134名)
  • 3. 2018年度休・退会者削減目標:退会見込10名以内に止める:退会率7.5%(2017年度退会率10.6%)
  • 4. 2018年度新入会員獲得目標16名。
  • 5. 2018年度会員純増目標6名。

今期活動方針(計画)

  • 1. 年度のスローガン、支部運営指針書をよく読み、より深く理解し、自主・民主・連帯の精神をもって南支部の自主運営を実現する。
  • 2. 魅力的な例会は、魅力的な人から生まれる。運営幹事は自らの器を拡げる「人の心を掴むトレーニング」として例会づくりに臨む。
  • 3. 例会実施にあたっては、皆が公平に自らの意思を表示し、持てる力を発揮し、会から得られる利得を享受できるために民主的手続きと会のルールを遵守する。
  • 4. 魅力的な例会づくりは一人の力では為し得ないが、幹事会が知恵と力を合わせて連帯すれば実現するもの。その前例をつくり、次代のために成果を記録する。
  • 5. 会員による会員のための運営と例会づくりであり、自らも含めた会員に役立つために行うという主旨を忘れず、運営の質に妥協がないかを自ら確認する。
  • 6. 四役会、幹事会における資料の事前配布を徹底し意思決定の迅速化を図りつつ同時にペーパーレス化を円滑に行う。