熊本県中小企業家同友会

組織紹介

ゆ~ほく支部

    2019年度役員

    会内役職 氏名 会社名/役職
    支部長 鳥丸 克彦 合資会社 鳥丸八十七商店/専務取締役
    副支部長 平山 愛 旅館 平山/若女将
    副支部長 井出 晃嗣 ネコハチITサービス/代表
    幹事長 小坂 貴和子 (株)トライ/常務取締役
    副幹事長 本多 将士 (株)プロスパー/常務取締役
    副幹事長 仲 栄次 Naka career office/代表

    スローガン

    みんなで前進!キラキラゆ~ほく支部

    理念

    • 1. 同友会3つの目的を基本とし、健全な企業を目指します
    • 2. 企業づくりとして労働環境の整備・働き方改革を学び・取組みを行う
    • 3. 地域づくりとして自社の経営課題・地域の課題問題を出し合い現状認識を行い解決の糸口を見けよう

    指針概況

     ゆ〜ほく支部は熊本県北部の支部として地域に根ざした中小企業を目指し、中央との人口格差が目まぐるしく変化していく時代に対応すべく「国民や地域と共に歩む」同友会運動の姿を地域に示す事が大きな課題となる。 その課題には「地域の未来を展望しよう」「元気な地域をつくる連携を広げる」事が課題と活動方針に挙げられている。中小企業は地域のインフラとしての認識を広め、団体・行政・金融・教育・報道などさまざまな分野と連携強化し、地域から未来を展望し元気になることを目指していく。また他支部及び他県同友会支部との連携を増進し地域としての優位性を見出しながら活性化を強化する。地域を担う「地域企業」としての地域づくりへの取り組みを目標にする。 その為には自社の課題摘出とグループ討論での課題の共有を行い、幅広いゲスト参加を促し地域の活性化の一旦を担う。

    中期活動方針(計画)

    • 1. 例会開始時に3つの目的を必ず唱和する
    • 2. 例会には会員1人につき一人のゲストを誘って参加する
    • 3. 全国の同友会から講師を招いて例会を開催する
    • 4. 例会の3ヶ月先行計画の実施
    • 5. 他支部との連携強化

    今期活動方針(計画)

    • 1. 他支部の例会に参加する
    • 2. 魅力ある支部活動を行い仲間づくり進入会員5名を達成する
    • 3. 熊本羅針のゆ~ほく支部の1頁を今年も継続する
    • 4. ゆ~ほくマルシェの開催(納涼祭と兼ねて)
    • 5. 青全交への動員支援