熊本県中小企業家同友会

特集

プロジェクトもっこす 放送日記

100回達成!熊本元気起業応援プログラム FM791のラジオ放送をリポート! 当日の放送をホームページで視聴できます!

2012.10.29 放送分 100回達成しました♪

熊本同友会の提供で、FM791(熊本シティ・エフエム)にて毎月最終月曜日に生放送でお送りしている熊本元気企業応援プログラム「プロジェクトもっこす」がついに100回目の放送を迎えました。2004年にスタートし、これまで多くの会員・ゲストの皆さんに出演いただきました。今回は100回記念特集です!

 

過去の出演者の皆様

<< 「プロジェクトもっこす」放送100回に寄せて >>

熊本県中小企業家同友会のご協力により、この度、放送100回を迎えることが出来ました。同友会ならびに会員の皆様に厚く御礼申し上げます。
これまで多くの会員の方々にご出演いただき、企業経営の話以外にも、数々の人間模様が描かれ、現在では企業家のみならず、一般のリスナーにも多くの支持を得ています。
FM791は、今後も熊本で頑張る中小企業を応援するとともに“心の通い合うラジオ局”を目指してまいります。放送200回に向けて、皆様のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

(株)熊本シティエフエム 代表取締役社長 松本 富士男


ゲスト:冨永寿彦代表取締役会長・布井吉治代表取締役社長

マンスリーMC : (株)アドルーム 冨永寿彦代表取締役会長
ゲスト : (株)熊本菓房 布井吉治代表取締役社長

 

100回達成しました♪

「熊本元気企業応援プログラム『プロジェクトもっこす』、この番組は、熊本県中小企業家同友会の会員さんに様々なお話を伺う、月1回、1時間の生放送番組です」と申し上げてスタートした番組も今回の放送で100回目を迎えました。

ナビゲーター 伊藤大助

月1回の放送ですので100ヵ月(8年強)を経過してきたわけです。その記念すべき放送のゲストは、第1回放送の際にゲストでお越しいただいた、(株)アドルームの冨永寿彦代表取締役会長と熊本同友会創立30周年記念行事に向けて会員1000名を目指していますが、仲間づくり(1000名)推進本部長の(株)熊本菓房布井吉治代表取締役社長。放送を開始した2004年(平成16年)、すなわち100 ヵ月前の自社の状況をお伺いしました。

 

冨永会長は「60歳を前に事業継承について考え始めました」とのこと、現在会長職に移られ新社長の元で社員さんが日々頑張られています。「私と自社は、同友会と共に歩んできました。今後は新社長のもと理念経営を中心に、共育ちを柱として人間力豊かな学習型の企業集団になってゆくと確信しています」と力強く10 ヵ月後の展望もお話いただきました。

 

布井社長は「バブル期の負の遺産があり、業績は悪くないのですが厳しい状況でした。そんな折、冨永会長にお声をかけていただき、同友会に入会した年です。経営指針を学び、社員さんと自社の展望を前向きに語ることが出来たので窮地を脱したと思います。また、同友会の良さは、社長同士の本音を語らえる数少ない場所。“仲間”がいるということです。担当している1,000名推進もそんなかけがえのない『仲間』を増やしているのでぜひ多くの方に同友会の仲間になっていただきたいです。10 ヵ月後は1,500名体制です!」と強く語っていただきました。

 

番組では「どうしても譲れないこと、ものの考え方」などを『座右のもっこす』としてお伺いしています。冨永会長に代表してお伺いしました。「コツコツ人生大いに結構!山高ければ谷深し」その真意は!お会いしてお伺いいただくか、同友会HPの番組音声をお聞きくださいね。

 

10月分は2012年12月初旬にアップ予定(リクエスト曲を除く)。番組は、原則毎月最終月曜日の19時からお送りしていますので、ご愛聴下さい。正確な放送日程は、FM791の番組CMをお聞き下さいね。

 

■もっこすランキング

最多出演(同数4回・順不同)
 未来工業(株)熊本工場 工場長 菅原 時男、(有)西川店創 代表取締役 西川 弘昭
 (株)熊本エキスパート 代表取締役 河口 健

最多リクエストアーティスト(同数4回・順不同)
 Mr.Children、サザン・オールスターズ、吉田拓郎

最多リクエスト曲(同数2回・順不同)
 栄光の架橋 ゆず、学校の先生 坂上 二郎



【パーソナリティ】
(有)九交防災 代表取締役 伊藤 大助(交流委員会幹事長)

最新の特集記事

tei201704_1_s

若者の育成で連携する企業と高校、大学

昨年4月に起きた熊本地震は、私たちに様ざまなものをもたらしました。建物や道路などの甚大な物的被害はもちろんのこと、目に見えない被害、つまり日常生活が変わってしまったことによる大きな苦しみや傷を人々の心

続きを読む

tei201704_2_s

「復興元年に未来を見据える」

一般社団法人熊本青年会議所は、20歳から40歳までの青年経済人が集い、「明るい豊かなまち」を実現するため運動を創り、活動を続ける団体です。本年は「萬有愛護 感謝を基底に全てに臨め」をスローガンに掲げ、

続きを読む

moko201704_s

2017.2.27放送分

ゲストの穴井憲義さん(写真手前)、吉川晃史さん(写真奥) 今回は、熊本同友会景況調査に関して九州電設(株)の穴井憲義代表取締役会長、熊本学園大学付属産業経営研究所の吉川晃史所長にお話を伺いました。 中

続きを読む