熊本県中小企業家同友会

特集

プロジェクトもっこす 放送日記

100回達成!熊本元気起業応援プログラム FM791のラジオ放送をリポート! 当日の放送をホームページで視聴できます!

2012.02.27 放送分

MC:伊東暢子代表取締役 ゲスト:髙﨑裕士さん


マンスリーMC : (株)オフィス伊東 伊東暢子代表取締役【右】
ゲスト :オフィス髙﨑 髙﨑裕士さん【左】


今月も元気よく!熊本元気企業応援プログラム『プロジェクトもっこす』。広報委員会のメンバーが月イチ司会(マンスリーMC)を務め、“紙面と放送”のメディアミックススタイルでお送りしています。


今月のマンスリー MCは、(株)オフィス伊東の伊東暢子代表取締役。ゲストは、オフィス髙﨑の髙﨑裕士さんの登場です。


大津町を中心に、ある時は、フリーペーパー“GOOZU”の編集長。またある時は、魅力学の講師かつブライダルコーディネーターで、その実態は!と多羅尾伴内のような七変化で会社を切り盛りされている伊東社長がゲストとしてお迎えになられたのが、『熊本発→世界』、津軽三味線奏者の髙﨑裕士さん。自社運営の一翼でもある髙﨑さんに様々なお話を伺うことが出来ました。


恵まれた体格(191cm!)で野球部のピッチャーを経て、ハンドボールでも母校を上位に導き、12歳からお母様より三味線の手ほどきを受けて1年目にして賞を受けるまでの成長を見せる多才ぶり。


そんな時、髙﨑裕士の今後を大きく変えたのはあるステージでの演奏だった…。ステージ後、控え室で号泣した真意とは!髙﨑さんの『譲れないモノ・事=座右のもっこす』である「感謝」の意味と共に、番組をお聞きくださいね。



【パーソナリティ】
(有)九交防災 代表取締役 伊藤 大助(交流委員会幹事長)

最新の特集記事

tei201802_1s
各界からの提言
2018年2月号掲載

財政問題を考える上での視座

財務省 九州財務局 局長 佐藤 正之

筆者は最近、日本の財政問題について、南九州の各地で話をする機会が多い。その際、少なからぬ聴衆から、日本の財政赤字の問題に...

tei201802_2s
各界からの提言
2018年2月号掲載

イノベーションへの対応

熊本県中小企業団体中央会 会長 櫻井 一郎

私は、平成28年9月に故野田三郎会長の意志を受け継ぎ会長に就任しました。就任後、最優先に行った仕事は熊本地震で大きな被害...

moko201802s
プロジェクトもっこす 放送日記

2017.12.25放送分

(同)シー・アンド・ピー創造研究所 杉山直樹代表社員、(株)MO2コーポレーション 米野和代代表取締役、(株)ワコー 浦上善穂取締役

ゲストの浦上善穂さん(写真左)、米野和代さん(写真中央)、杉山直樹さん(写真右) 今回は、賀詞交歓会実行委員会から、(同...