熊本県中小企業家同友会

特集

プロジェクトもっこす 放送日記

100回達成!熊本元気起業応援プログラム FM791のラジオ放送をリポート! 当日の放送をホームページで視聴できます!

2011.05.30 放送分

MC:伊藤大助代表取締役 ゲスト:松尾孝代表取締役・小屋松徹彦代表社員

 

マンスリーMC :(有)九交防災 伊藤大助代表取締役(交流委員会幹事長)
ゲスト :(株)マツオHDC松尾孝代表取締役【右】、司法書士法人小屋松事務所 小屋松徹彦代表社員【左】

 

今期も続きます熊本元気企業応援プログラム『プロジェクトもっこす』。広報誌熊本羅針やホームページの制作・運営を行う広報委員会の皆様から、月イチ司会(マンスリー MC)の方を選出していただき、番組ナビゲーターの伊藤と共にゲストの方に様々なお話を伺うスタイルで、“誌面と放送”のメディアミックススタイルでお送りして参ります。

 

今月は、定時総会後の初回にふさわしいゲストをという広報委員会からの提案で、ワタクシ伊藤がMMCを務め、(株)マツオHDC松尾孝代表取締役。司法書士法人小屋松事務所小屋松徹彦代表社員をゲストにお迎えしました。言わずと知れた“代表理事”のお二人です。久しぶりにマジで緊張しました(汗)。

 

大変活発な学生時代を経て、お二人とも27~8歳と若い年齢で会社運営に携わられてきたとのことでした。お話を聞いて一番感動したのが、これからのことを語られる時の“迫力”を感じることでした。

 

後継者の話も出ましたが、まだまだ夢真っ只中で「これからのことを考えるとワクワクする」と話されたお二人の眼が燃えていたのは間違いないです!

 

番組の最後に、どうしても譲れないこと(物)を『座右のもっこす』としてお尋ねしています。松尾社長が「選択と責任」、小屋松代表が「一隅を照らす」。その真意は番組でお確かめ下さい・・・。

 

【パーソナリティ】
(有)九交防災 代表取締役 伊藤 大助(交流委員会幹事長)

最新の特集記事

tei201704_1_s

若者の育成で連携する企業と高校、大学

昨年4月に起きた熊本地震は、私たちに様ざまなものをもたらしました。建物や道路などの甚大な物的被害はもちろんのこと、目に見えない被害、つまり日常生活が変わってしまったことによる大きな苦しみや傷を人々の心

続きを読む

tei201704_2_s

「復興元年に未来を見据える」

一般社団法人熊本青年会議所は、20歳から40歳までの青年経済人が集い、「明るい豊かなまち」を実現するため運動を創り、活動を続ける団体です。本年は「萬有愛護 感謝を基底に全てに臨め」をスローガンに掲げ、

続きを読む

moko201704_s

2017.2.27放送分

ゲストの穴井憲義さん(写真手前)、吉川晃史さん(写真奥) 今回は、熊本同友会景況調査に関して九州電設(株)の穴井憲義代表取締役会長、熊本学園大学付属産業経営研究所の吉川晃史所長にお話を伺いました。 中

続きを読む