熊本県中小企業家同友会

特集

プロジェクトもっこす 放送日記

100回達成!熊本元気起業応援プログラム FM791のラジオ放送をリポート! 当日の放送をホームページで視聴できます!

2009.03.30 放送分

ゲスト:(有)コッコファーム 松岡幸雄専務取締役、未来工業(株)熊本工場工場長 菅原時男さん


ゲスト:(有)コッコファーム 松岡幸雄専務取締役、未来工業(株)熊本工場工場長 菅原時男さん


今回は『第39回全研総括その2』として、第18分科会報告者の(有)コッコファームの松岡幸雄専務と、第13分科会報告者の未来工業(株)の菅原時男熊本工場長をお迎えしました。


-全研の報告者に推薦された時はいかがでしたか?

【菅原】私が話してよいものか?と思いました。農業環境部会の活動を通じて、『同友の森』に関しての報告をさせていただきましたが、全国からご参加の方々より、自県にも同友の森を!とのお言葉を頂きうれしく思いました。

【松岡】ある方から、自社と自分のためになるからやるべき、と助言いただき決意しました。生産から販売までを一手に行う、『第6次産業』についてお話をさせていただいたのですが、大変多くの方々に自社を見ていただき、うれしく思っています。


-報告を経て会社と自身で変わられたことは?

【菅原】社内の各部署のみんなが、エコに関して真剣に考えてくれました。
事実、年間100トンあった様々な廃棄物を、なんと年間10トンに減らすことが出来ました。
それに伴い経費も削減成功。良いこと尽くしですね。

【松岡】長い準備期間の中で、社員の意識が変わるのが手に取るように分かりました。
私自身も大きな成長を遂げたのでは?と思っています。
また、同友会の会員さんに自社を訪問いただいたことで、社員さんに同友会の活動を知ってもらえたのが良かったですね。


報告者になることで自社や自分を見直すことが出来たと、共通の感想もいただきました。
お忙しい中、本当にありがとうございました。



【パーソナリティ】
(有)九交防災 代表取締役 伊藤 大助(交流委員会幹事長)

最新の特集記事

tei201704_1_s

若者の育成で連携する企業と高校、大学

昨年4月に起きた熊本地震は、私たちに様ざまなものをもたらしました。建物や道路などの甚大な物的被害はもちろんのこと、目に見えない被害、つまり日常生活が変わってしまったことによる大きな苦しみや傷を人々の心

続きを読む

tei201704_2_s

「復興元年に未来を見据える」

一般社団法人熊本青年会議所は、20歳から40歳までの青年経済人が集い、「明るい豊かなまち」を実現するため運動を創り、活動を続ける団体です。本年は「萬有愛護 感謝を基底に全てに臨め」をスローガンに掲げ、

続きを読む

moko201704_s

2017.2.27放送分

ゲストの穴井憲義さん(写真手前)、吉川晃史さん(写真奥) 今回は、熊本同友会景況調査に関して九州電設(株)の穴井憲義代表取締役会長、熊本学園大学付属産業経営研究所の吉川晃史所長にお話を伺いました。 中

続きを読む