熊本県中小企業家同友会

特集

プロジェクトもっこす 放送日記

100回達成!熊本元気起業応援プログラム FM791のラジオ放送をリポート! 当日の放送をホームページで視聴できます!

2015.5.25放送分

ゲストの城戸丈生さん(左)、髙宮龍二さん(右)

ゲストの城戸丈生さん(左)、髙宮龍二さん(右)


今回は、経営労働委員会の(株)スペックの髙宮龍二代表取締役と一般社団法人全国安全環境ネットワーク協会の城戸丈生専務理事のお二人にお越しいただきました。


自社を「建設コンサルタント」と位置づけ、県内トップクラスの技術力で躍進中の髙宮さんにもお悩みがあったようで…。「後継してから3年目辺りに悩みや迷いが生じました。その時に同友会に入会し、経営指針を創る会に参加して自社に無い(社是はあったが)“経営理念の必要性”に強く気づくことが出来ました。今では会社一丸で動いていることが体感できています」。


地域の防犯のために自動販売機に防犯カメラを設置するなどの様々な活動を行っている城戸さん。経営指針創りで感じたことは、「まず、自分を振り返ることができ、自分と自社の使命とは何か?を真剣に考えた結果、迷いが無くなりました。経営指針作成のお手伝いをすることで、更に自身の理念を振り返り、本来聞けないことや話せないことまで意見交換を出来るのは役員の特権です」。


「今、経営することが楽しい」「沢山の仲間が居るから共に指針創りを行いましょう」。そう語られたお二人の表情がとても輝いていました。お二人の座右のもっこすは…。髙宮さんが「不易流行」。城戸さんが「一灯照隅、万燈照国・やって駄目ならもっとやれ!」。その真意は!ぜひご本人にお聞き下さいね♪



【パーソナリティ】
(有)九交防災 代表取締役 伊藤 大助(広報委員)

最新の特集記事

tei201704_1_s

若者の育成で連携する企業と高校、大学

昨年4月に起きた熊本地震は、私たちに様ざまなものをもたらしました。建物や道路などの甚大な物的被害はもちろんのこと、目に見えない被害、つまり日常生活が変わってしまったことによる大きな苦しみや傷を人々の心

続きを読む

tei201704_2_s

「復興元年に未来を見据える」

一般社団法人熊本青年会議所は、20歳から40歳までの青年経済人が集い、「明るい豊かなまち」を実現するため運動を創り、活動を続ける団体です。本年は「萬有愛護 感謝を基底に全てに臨め」をスローガンに掲げ、

続きを読む

moko201704_s

2017.2.27放送分

ゲストの穴井憲義さん(写真手前)、吉川晃史さん(写真奥) 今回は、熊本同友会景況調査に関して九州電設(株)の穴井憲義代表取締役会長、熊本学園大学付属産業経営研究所の吉川晃史所長にお話を伺いました。 中

続きを読む