熊本県中小企業家同友会

特集

各界からの提言

各界から熊本同友会会員へ向けた熱きメッセージ

九州新幹線でビジネス活性―関西・中国地方戦略の強化―

九州新幹線が全線開通して8ヵ月になる。この間、短期的な効果としては、鹿児島や熊本で関西・中国地方からの観光客が増加し、駅周辺の地価が上昇するなどの効果が現れているが、中長期的にはそれにとどまらない大きな効果が期待できると思われる。


図1は鉄道時間距離でみた日本略図で、九州新幹線の部分開業以前(1995年)と全線開通後(2011年)で日本列島がどのように変形したかをみたものである。一見して大阪以西南九州までの西日本が大きく縮んでいることがわかる。大阪からの時間は、鹿児島は8時間が4時間に、熊本は5時間が3時間になった。


関西・中国地方と南九州両地域が近くなったことは、中長期的なビジネスの条件にも構造的な影響を与えると考えられる。人の交流がより容易化・活発化し、両地域間の取引網が密となり、またビジネスの立地条件の改善を通じて企業誘致につながる効果が期待できる。


このような効果は自動的に得られるものではなく、それが実際に得られるためには、官民当事者の努力も重要であろう。地元企業の中には、この機をとらえて、既に関西・中国地方戦略の強化を進めている企業もあり、また、金融機関も販路拡大ための商談会などを通じて企業の取組を後押ししている。県も地元企業の商圏拡大と企業誘致を推進するための「KANSAI戦略」を掲げて、熊本の魅力を発信している。


長年の念願かなってせっかく整備された九州新幹線というこの新たな交通インフラ、これを観光客の乗り物に止めず、ビジネスにも最大限活用して、南九州経済の活性化、ひいては西日本経済の成長、そして日本経済全体の重心が少し西に傾くような、そのようなものにしていかなければならないし、そのポテンシャルは十分にあると思う。


鉄道時間地図でみた時間短縮効果

【図1】鉄道時間地図でみた時間短縮効果


2011年12月号掲載

九州財務局 局長 亀水 晋

九州財務局 局長
亀水 晋

昭和35年8月6日生まれ、石川県出身。
昭和58年3月一橋大学経済学部卒業。
同4月大蔵省(現財務省)入省。
平成15年EU代表部参事官、平成18年国税庁調査課長、平成19年内閣府参事官、 平成21年関東財務局総務部長、平成22年大臣官房地方課長、平成23年7月九州財務局長、現在に至る

最新の特集記事

tei201704_1_s

若者の育成で連携する企業と高校、大学

昨年4月に起きた熊本地震は、私たちに様ざまなものをもたらしました。建物や道路などの甚大な物的被害はもちろんのこと、目に見えない被害、つまり日常生活が変わってしまったことによる大きな苦しみや傷を人々の心

続きを読む

tei201704_2_s

「復興元年に未来を見据える」

一般社団法人熊本青年会議所は、20歳から40歳までの青年経済人が集い、「明るい豊かなまち」を実現するため運動を創り、活動を続ける団体です。本年は「萬有愛護 感謝を基底に全てに臨め」をスローガンに掲げ、

続きを読む

moko201704_s

2017.2.27放送分

ゲストの穴井憲義さん(写真手前)、吉川晃史さん(写真奥) 今回は、熊本同友会景況調査に関して九州電設(株)の穴井憲義代表取締役会長、熊本学園大学付属産業経営研究所の吉川晃史所長にお話を伺いました。 中

続きを読む