熊本県中小企業家同友会

特集

各界からの提言

各界から熊本同友会会員へ向けた熱きメッセージ

熊本の恵まれた環境を都市の魅力として発信

今年3月11日に発生した東日本大震災は、甚大な被害をもたらし、同時に福島原発事故にともなう電力不足など、これまでの自然災害をはるかに超え、私たちの価値観までをも変化させてしまいました。豊かで利便性の高い暮らしが、いかに地球環境に大きな負荷をかけているかなど、今、環境をキーワードとして、私たちの生活や活動を改めて見直し、私たち一人ひとりが環境問題への責任と役割を自覚し行動することが求められています。


このような中、本市は、恵まれた環境を守るため、昭和47年に「森の都」都市宣言、同51年に地下水保全都市宣言、また全国に先駆けて同63年には熊本市環境基本条例の制定、平成7年には環境保全都市宣言を行うなど、地下水をはじめ緑の保全などを市政の重要施策の一つとして位置づけ、これまでも積極的に推進してきました。


特に、本市は人口50万人以上の都市で唯一、生活用水のすべてを地下水でまかなう「日本一の地下水都市」です。この自然の恵みである地下水を守るため、白川中流域での水田湛水事業や、700haを超える水源涵養林事業、地下水の硝酸性窒素削減対策、節水運動などに積極的に取り組むとともに、熊本駅新幹線口等市内 6ヵ所に親水施設を整備し、「おいしい地下水」の発信にも努めています。


また、本市は古くから「森の都」といわれています。緑がもたらす景観や癒し・潤い、そしてヒートアイランドの低減などその効果が、改めて見直されています。これまでも家庭や事業所において、屋上や壁面などの緑化のための助成などを行ってきましたが、さらに、街なかの緑を増やすため昨年度から市電軌道敷を芝生化する「市電緑のじゅうたん事業」を進めております。この緑のじゅうたんを維持管理の面からご支援いただくための市民サポーター制度も併せて創設し、すでに市民や事業者の皆様から770件2,000万円を超える浄財をお寄せいただいているところでございます。


このほか、地球温暖化防止を目的とする、「熊本市低炭素都市づくり戦略計画」を策定し、太陽光発電の導入拡大やバイオマスエネルギーを活用した発電や下水汚泥の燃料化、水道施設における小水力発電、さらには、ごみの減量やリサイクルの推進、環境教育の充実などに積極的に取り組み、民・学・官が一体となって地球的な環境課題にも貢献してまいります。


多様な歴史や文化が息づく魅力ある熊本市。その礎が自然環境であります。九州新幹線開業や来年4月の政令指定都市移行を契機として、この恵まれた自然環境を守るとともに、本市の魅力として国内外に発信し、経済や観光分野の活性化にもつなげてまいりたいと考えています。


地下水のPR:街なか親水施設

熊本市役所前「城見の水

熊本市役所前「城見の水」


2011年9月号掲載

熊本市環境保全局 局長 原本 靖久

熊本市環境保全局 局長
原本 靖久

昭和29年10月15日生まれ、熊本市出身、同53年慶應義塾大学法学部卒業、同年熊本市入庁、 平成12年東京事務所次長、同15年広報課長、同18年築城400年記念事業室長、同20年政令指定都市推進室次長、 同21年環境保全局次長兼環境保全部長、同22年環境保全局長

最新の特集記事

tei201703_1_s

中小企業の企業家活動に期待する

アベノミクスが失敗に終わっているのは、デフレが実体経済を停滞させているとし、お金の供給量を劇的に増やせば、価格が上がり、実体経済は好転すると考えたことにある。真実は、実体経済の停滞がデフレを引き起こし

続きを読む

tei201703_2_s

「熊本でNHKができること」

前の東京オリンピックの年に静岡県榛原郡相良町で生まれました。現在の静岡県牧之原市です。昨年の4月、熊本に赴任するまでは、熊本を含め九州での暮らしや仕事の経験はありませんでしたが、ふるさとの相良町は、肥

続きを読む

moko201703_s

2017.1.30放送分

ゲストの田中芳和さん(写真左)、村上正弘さん(写真右) 今回は、同友会大学推進本部より本部長の村上正弘(有)マリオネット相談役と副本部長の田中芳和(株)美創代表取締役にお越しいただきました。 まずは「

続きを読む