熊本県中小企業家同友会

特集

各界からの提言

各界から熊本同友会会員へ向けた熱きメッセージ

南九州税理士会熊本県連合会からのご挨拶 ~A REVOLUTION~

会員の皆様、今年も南九州税理士会熊本県連合会、なにとぞよろしくお願い申し上げます。この度は、紙面にてのご挨拶できる機会をいただきましたこと、会を代表して厚くお礼申し上げます。


今年は、卯年であります。私の生まれた昭和26年卯年に税理士法も制定されましたので、一緒に還暦を迎えることになります。「兎」は、ぴょんぴょんと前にしか進まないので、縁起のよい動物と言われております。昨年の干支、「寅」は、春が来て草木の芽がでる年であり、今年の「卯」は、草木が育ち、地面を覆い、栄える年だそうです。卯の刻は、午前5時から7時までの夜明けの時間帯、また陽が昇る東の方角を卯の方角と言います。厳しい経済情勢は依然として続いておりますが、今年は卯年、縁起のよい年まわりで、是非とも栄える年になって欲しいと思います。


私自身の今年のテーマは、「改革」といたしました。いよいよ電気自動車の時代がやってまいりました。私のもとについ先日、電気自動車が届きました。100%電気で動く、ガソリン不要の超高性能車です。1886年にガソリンエンジンが出現、馬車を滅ぼしました。今度は、ガソリンエンジンが滅ぶ番でしょう。アナログの自動車から、デジタルである電気自動車へ、という百数十年ぶりの大改革が始まりました。産業構造が変わり、かなりの企業を滅ぼすことにもなりかねません。もちろん儲かる企業も出てくるでしょう。うかうかしておれません。お互いに切磋琢磨して勝ち組になるような改革をしなければならないと思います。


皆様方の税務申告もアナログからデジタルである電子申告に変わりつつあります。国税のe-タックスや地方税エルタックスの更なるご利用、普及協力もよろしくお願いします。


話は変わりますが、熊本市は、熊本駅から健軍まで電車とバスが並行して走っております。これは実に無駄なことだと思いませんか。


下の写真のバスは、昨年私がラスベガスに行った際に撮影したもので、ほとんど電気使用のハイブリッドバスです。


ラスベガス運行中のハイブリッドバス 2010年6月

ラスベガス運行中のハイブリッドバス 2010年6月


形はほとんど電車と一緒で、かっこいいでしょう。これもいわば電車です。レールと架線のいらない電車ということになりますので、健軍から先も走行できます。熊本空港にも繋がります。道路中央を走る今の市電は、案外、車いすの方や、高齢者にやさしくない乗り物です。高価な低床式電車は、車いすも乗れるように配慮したものですが、実際に乗っている人を見たことがありません。おそらく利用しにくいからだと思います。新幹線も3月12日から全線開通します。政令都市にもなります。このような電気バス、いわばレール不要の電車を是非とも採用して、軌道敷とバスレーンを合体し、ディーゼルガスを出すバスを無くし、水と緑とそして空気のきれいな町としてもっと熊本を世界中にアピールすべきではないでしょうか。会員の皆様方のお力で、更によりよい熊本にしていただければと思います。


併せまして私ども税理士会への、なお一層のお力添えを賜ります様、切にお願い申し上げるとともに、皆様方の今後益々のご発展、ご健勝を、心よりご祈念申し上げて、会を代表してのご挨拶とさせて頂きます。


2011年3月号掲載

南九州税理士会熊本県連合会 会長 東 秀優

南九州税理士会熊本県連合会 会長
東 秀優

昭和59年税理士登録
平成19年南九州税理士会熊本県連合会会長

最新の特集記事

tei201708_2_ai

会員中小企業家に向けての提言

熊本県は震災により甚大な被害を受け、現在「被災された方々の痛みの最小化」、「創造的復興を目指す」、「復旧・復興を地域の更なる発展につなげる」という復旧・復興3原則のもと、総力を挙げて、被災者の生活再建

続きを読む

moko201708_ai

2017.6.26放送分

ゲストの神山博行さん(写真左)、立野文生さん(写真中央)、天野哲男さん(写真右) 今年度は、新役員さんを中心にご出演いただきます。今回は、西支部より支部長のアイ・エフ・エル(株)立野文生代表取締役。副

続きを読む