熊本県中小企業家同友会

特集

各界からの提言

各界から熊本同友会会員へ向けた熱きメッセージ

熊本発の健康福祉モデルの創造 ~まちづくり型福祉を中心に~

本県の社会福祉の推進につきましては、日頃から御理解を賜り、また、特に障がい者雇用に積極的に取り組んでいただき、感謝申し上げます。


さて、大きな変化の時代の中でありますが、いつの時代も、地域が主体性を持ち、内外の知恵の融合を図りながら、地域の有形無形の資源を活用していくことによって、未来は拓けていくものと考えています。


このようなときに、私が思い浮かべるのは、ドラッカーの言う、「イノベーションのための7つの機会」です。具体的には、①予期せぬ成功と失敗を利用する、②ギャップを探す、③ニーズを見つける、④産業構造の変化を知る、⑤人口構造の変化に着目する、⑥認識の変化をとらえる、⑦新しい知識を活用する、というものです。


熊本発の健康福祉モデルの創造 -これが、イノベーションということも念頭に置いた、県健康福祉部施策方針のキャッチコピーです。


県では、近年、地域福祉支援計画を推進していますが、この計画は、全国的に見ても、大きな特徴を持っています。その一つは、社会福祉協議会活動や民生委員活動の活性化等の「従来からの地域福祉」と「まちづくり」の融合を図ったことにあります。二つ目には、当事者中心・利用者中心ということです。これによって、制度ありきではなく、当事者や現場のことをまず考え、高齢や障がい、児童などの縦糸を横糸でつなぎ、また制度で不十分な場合は、サービスの上乗せ・横出しをするなど、「総合化」を図ろうとしていることにあります。


同計画の大きな柱であります「地域の縁がわづくり」のモデルとして、県営健軍住宅の建て替えに併せ、住宅部分のユニバーサルデザイン化を図るとともに、1階に福祉機能を導入しました。その際、地域との協働が大切であると考え、整備構想策定段階では、健軍商店街や校区自治会等と意見交換を行い、高齢者を対象とした小規模で多機能な居宅介護、障がいのある方の就労の場としての喫茶・レストラン、子どもの一時預かり、住民サロンなど、子どもから高齢者まで誰でも利用できる空間になっています。地元メンバーも理事に加えて結成された運営主体のNPO法人「おーさぁ」では、その後、健軍商店街の空店舗を活用して、ニート・フリーターを支援する「若者サポートステーション」、住民活動を支援する「ぐんぐん市場」を運営するようになりました。


「地域の縁がわ」は、様々な類型で県内各地に広がりつつあり、現在、約200箇所になっていますが、その発展型として、平成21年度から「地域ふれあいホーム」の設立を支援することも始めました。山鹿市の「いつでんどこでん」や熊本市植木町の「ばあちゃんち」、山都町の「こころ」、八代市の「とら太の家」など、県内外から見学者が訪れているところもあります。皆様もどうぞご見学ください。そして、サポーターになっていただき、また、起業のヒントにしていただければ幸いです。


「地域の縁がわ」や「地域ふれあいホーム」、更には地域の絆を再生する「地域の結いづくり」、社会的起業やソーシャルファームも視野に入れた「地域のちからおこし」等によって、福祉のイノベーション・まちづくり型福祉の展開を図って参りたいと考えています。


いずれにしても、「利用者中心」ということと「型にはまらないこと」を追求する中から、新しい事例が生まれ、それがひいては、我が国の福祉や保健・医療の形を変えていく力になっていくことを願っています。


2010年6月号掲載

熊本県健康福祉部 部長
森枝 敏郎

昭和25年生。
九州大学経済学部卒業。
昭和49年熊本県庁入庁。
60年度から2年間、小国町に派遣され、まちづくりの理論と実践を学ぶ。
平成9年度には地域づくり推進室長。
水俣振興推進室に5年間(平成2 ~ 6年度)在籍するなど、水俣との関わりも長く、ライフワークでもある。
健康福祉分野では高齢保健福祉課長、健康福祉政策課長、健康福祉部次長を歴任。20年4月から現職

最新の特集記事

tei201706_1_ai

弁護士へ気楽にご相談ください

この4月から、熊本県弁護士会会長に就任しました宮田と申します。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。  熊本地震から1年が経ちました。甚大な被害に遭われた方もおられるかと存じます。お見舞い申し上げますと

続きを読む

mokkosu_201706_ai

2017.4.24放送分

ゲストの守田雅規さん(写真左)、岩井雅彦さん(写真右) 今回は、広報委員長の(株)アドロックデザイン岩井雅彦代表取締役と熊本県中小企業家同友会の守田雅規事務局員にお越しいただきました。 昨年4月に入局

続きを読む