熊本県中小企業家同友会

特集

各界からの提言

各界から熊本同友会会員へ向けた熱きメッセージ

年頭のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。


熊本県中小企業家同友会におかれましては、佳き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。皆様方には、日頃から県政の推進に当たり、御理解と御協力を賜りますとともに、地域経済の発展に多大な御貢献をいただいておりますことに、厚く御礼を申し上げます。


貴会におかれては、「自主・民主・連帯」の精神を運営の基本として、中小企業をめぐる諸問題に対する研究会や、会員相互の交流活動を通して、それぞれの中小企業がお互いの経営資源を補い、協力して経営課題に取り組むため、支部・専門委員会・部会の各活動を積極的に進めてこられました。


さらに、社会貢献活動として、東日本大震災の復興支援活動を積極的かつ継続的に実施されており、その自主的活動に対して、深く敬意を表する次第です。


現在、約910名の会員団体に成長され、県下10支部体制で、各地域の実情に合わせた特色ある活動を展開されております。さらなる活動の輪を広げながら、仲間同士としての「絆」を大切にした取組みを継続されることで、貴会が掲げる「よい会社」、「よい経営者」、「よい経営環境」の実践という3つの目標の達成につながっていくものと大いに期待します。


このような皆様の意欲的な活動は、本県の経済活動の大きな支えであり、経済活性化に欠かせないものとなっており、改めて感謝申し上げます。


さて、昨年を振り返りますと、第2次安倍内閣によるデフレからの脱却と経済再生を目指す経済政策「アベノミクス」により、県内の景気は着実に回復し、また、雇用状況におきましても、有効求人倍率は21年ぶりの高水準となりました。


しかしながら、中小企業にとって円安による原材料や原油の価格高騰などの影響も懸念され、商工業者を取り巻く環境は、今年も依然として厳しい状況が予想されます。


県では、本県の取組みの基本方針「幸せ実感くまもと4カ年戦略」を加速化させており、今年も「各地域で頑張る中小企業」を経営改善と成長支援の両面から支援してまいります。


経営改善の支援の面では、金融機関と商工団体などの経営支援機関との連携を強化し、中小企業のチャレンジをサポートする融資制度を創設するなど、経営力の強化を支援してまいります。


また、成長支援の面では、熊本発の新たな新製品・新技術の開発や、販路拡充などの経営革新、創業・事業承継に取り組む中小企業への支援をきめ細かく行うとともに、開発部門を中心とした創造的な企業誘致などに積極的に取り組みます。


さらに、昨年7月に協議会を発足させた「くまもと県南フードバレー構想」の取組みを加速化させてまいります。また、昨年5月、世界農業遺産に認定された阿蘇や、「くまもとの赤」ブランドなど熊本の魅力を、今や世界で活動する「くまモン」とともに今年もPRしてまいりますので、皆様のなお一層の御理解と御協力をお願いします。


最後になりますが、貴会の益々の御発展と、新しい年が皆様方にとりまして実り多き年となりますよう、心からお祈り申しあげ、新年の御挨拶といたします。


平成26年 元旦


2014年1月号掲載

熊本県知事 蒲島 郁夫

熊本県知事
蒲島 郁夫

最新の特集記事

tei201704_1_s

若者の育成で連携する企業と高校、大学

昨年4月に起きた熊本地震は、私たちに様ざまなものをもたらしました。建物や道路などの甚大な物的被害はもちろんのこと、目に見えない被害、つまり日常生活が変わってしまったことによる大きな苦しみや傷を人々の心

続きを読む

tei201704_2_s

「復興元年に未来を見据える」

一般社団法人熊本青年会議所は、20歳から40歳までの青年経済人が集い、「明るい豊かなまち」を実現するため運動を創り、活動を続ける団体です。本年は「萬有愛護 感謝を基底に全てに臨め」をスローガンに掲げ、

続きを読む

moko201704_s

2017.2.27放送分

ゲストの穴井憲義さん(写真手前)、吉川晃史さん(写真奥) 今回は、熊本同友会景況調査に関して九州電設(株)の穴井憲義代表取締役会長、熊本学園大学付属産業経営研究所の吉川晃史所長にお話を伺いました。 中

続きを読む