熊本県中小企業家同友会

特集

各界からの提言

各界から熊本同友会会員へ向けた熱きメッセージ

基本に忠実に 時として大胆に

◆地域(コミュニティ)とともに◆

(株)熊本シティエフエム(FM791)は、1996年(平成8年)4月、熊本市を放送エリアとして開局したコミュニティ FM局です。基本理念「地域密着」「住民参加」「防災及び災害時の放送」は、コミュニティ局ならではのもの、と自負しております。


コミュニティ局は、一定の市町村等をエリアとする放送局で現在、約280局を数えております。メディア業界の最後発であるが故に、経営環境は厳しく、FM791の場合も、生き残り策として、さまざまな試みをしてまいりました。その中から、わずかな成功例として、全国でも稀な“ラジオ局が発行する小学生のための新聞”「FM791子ども新聞」発刊の経緯を物語風に紹介させていただき、最後に整理分析を試みます。



◆ラジオ局が小学生新聞を発行◆

FM791子ども新聞は、平成15年11月に創刊しました。当時、教育現場では、ゆとり教育を基本とする総合的な学習が導入され、教科書のない、各校(クラス)独自の取り組みが注目を集めていました。FM791では、その模様を毎週、番組として放送しておりました。熊本市教育委員会との協議の中で、子どもたちの発表の場をもっと増やしたい、という意見を聞き、時間をかけた検討の中で、番組制作や改編の他に、紙媒体(新聞)案が浮上してきました。


我が社としては、本業のラジオはもとより、さまざまなイベント、販促ツールの制作・配布など試行錯誤を繰り返し、新たな収入源の確保を模索していた時です。ラジオとのメディアミックスが自前でできれば―と夢に近い青写真を描いていたものです。それだけに、小学生に特化した新聞の発行案は、極めて魅力的なものに映りました。本格的な新聞発行は初めてのことで、課題は多い。だが、記事部分で教育現場に貢献できる、社会的な意義がある、となれば、張り切りようも違ってきます。


市教委の取材協力を得てFM791が新聞製作に責任を持つ、新聞には広告の掲載を認め広告収入の中から発行経費をまかなう、児童への配布は各校で担当していただく、との合意の下に、FM791子ども新聞が産声を上げました。



◆広告収入の大きな柱に成長◆

発行の経緯など説明し了解を得てやっと取材させてもらえる、というのが常でしたが、「知ってる、読んでる」という児童たちの声も、先生方の評価も次第に多くなり、積極的に取材依頼や、紹介をいただけるようになりました。


掲載広告には慎重な配慮を、という要望と申し合わせもあり、営業部のスポンサー開拓には、苦労も多かったようです。それでも出稿社には好感され、長年のお付き合いをいただいている事業所なども数多くあります。子ども新聞は、社内では大きく成長し、会社を支える立派な柱になり、小学校では身近に親しまれる話題作りに、なっているのです。


無我夢中だった10年前を振り返って考えますと、以下の分析が可能かと思われます。


①切羽詰まった状況 ……… 必要は発明の母、と言います
②本業の意義を客観視 … 何をすべきか、どうあるべきか
③本業を拡大解釈 ………… 可能性と意外性、ニーズは?
④地道な検討を重ねた ……… 具体的に捉え粘り強く継続
⑤とにかく動いた………………体も頭も。やればできる


基本に忠実に、だが、時として大胆に-矛盾した言葉ですが、発想の転換とは案外、身近な、見過ごしがちなところ(もの)にもあるようですね。


2014年2月号掲載

(株)熊本シティエフエム 取締役 大園 光

(株)熊本シティエフエム 取締役
大園 光

昭和21年8月生まれ。
鹿本郡植木町(現熊本市北区)出身。45年熊本大学卒業、同時に熊本日日新聞社入社。編集局社会部長、八代支社長など経て、熊本日日新聞社情報文化センター(当時)社長。この間熊本シティエフエム出向。平成19年熊日退職後、同年から6年間、熊本県立大学非常勤講師(一部期間特任教授)熊本大学でも3年間非常勤講師。20年から現職

最新の特集記事

tei201703_1_s

中小企業の企業家活動に期待する

アベノミクスが失敗に終わっているのは、デフレが実体経済を停滞させているとし、お金の供給量を劇的に増やせば、価格が上がり、実体経済は好転すると考えたことにある。真実は、実体経済の停滞がデフレを引き起こし

続きを読む

tei201703_2_s

「熊本でNHKができること」

前の東京オリンピックの年に静岡県榛原郡相良町で生まれました。現在の静岡県牧之原市です。昨年の4月、熊本に赴任するまでは、熊本を含め九州での暮らしや仕事の経験はありませんでしたが、ふるさとの相良町は、肥

続きを読む

moko201703_s

2017.1.30放送分

ゲストの田中芳和さん(写真左)、村上正弘さん(写真右) 今回は、同友会大学推進本部より本部長の村上正弘(有)マリオネット相談役と副本部長の田中芳和(株)美創代表取締役にお越しいただきました。 まずは「

続きを読む