熊本県中小企業家同友会

特集

各界からの提言

各界から熊本同友会会員へ向けた熱きメッセージ

「理念」に学ぶ

4月22日に開催された熊本県中小企業家同友会第33回定時総会におきまして、2014年度活動指針テーマ「積極果敢、時代変化への挑戦」、スローガン「1000名体制で地域づくり。明日の熊本を創る先頭に立とう」が採択されました。いずれも、同友会理念や、経営環境の変化を踏まえて、活動の方向性が力強く示されたものとして、深く敬意を表します。


中小企業家同友会は、3つの目的「よい会社」、「よい経営者」、「よい経営環境」を掲げた『同友会理念』に基づいた活動を展開されています。改めて考える機会をいただきましたので、今回は、「理念」について、自分自身の経験を振り返りたいと思います。


日頃、お取引先を訪問すると、多くの応接室に「経営理念」が掲げられています。「従業員の幸福」、「社会貢献」、「和」、「顧客満足」などをキーワードとする「経営理念」が多く見られます。しかし、一方で「理念と現実のギャップ」に悩む経営者も少なくありません。


A社は、リーマンショックを受け、受注が約7割も減少しました。赤字転落が避けられず、「リストラ」を検討せざるを得ませんでした。しかし、リストラを思い止めたのは、「従業員の幸福を追求する」経営理念でした。数ヵ月は赤字が続きましたが、やがて受注が回復し、以後は「経営理念の下、従業員が一致団結する」という効果も生まれました。


B社は、古くからの工場ですが、周辺に新興住宅が立ち並び、騒音や粉塵でクレームを受けていました。工場の移転も検討しましたが、景気が悪化する中、資金負担も重く、断念せざるを得ませんでした。一方で社内には、経営理念「社会貢献」の意識が浸透していました。社長は、「経営理念」で課題を解決することとしました。それは「挨拶と清掃」です。従業員が全員で、地域の「清掃」を行い、行き交う人に気持ちの良い「挨拶」を行うことにしました。その日から、クレームはなくなり、逆に「感謝の言葉」を受け、従業員の定着率も向上しました。お金をかけずに、課題を解決し、更に従業員満足度も高めたのです。


A社、B社ともに、先代が遺した「経営理念」でしたが、将来を左右する重大な決断を行う際の「拠り所」となりました。時代が変化しても変わらないことが「経営理念」には込められています。また、「経営理念」が社内に浸透していれば、これが「企業風土」となり、社長が下した判断を後押ししてくれます。両社から、「経営理念」を実践することの大切さを学ばせていただきました。


日本政策金融公庫は、①政策金融の的確な実施、②ガバナンスの重視、を経営理念に掲げています。「新事業・新分野進出支援」、「事業再生支援」、「海外展開支援」等に積極的に取り組み、地域金融機関と連携しながら、政策性を発揮して参ります。2008年10月の統合以来、国民生活、農林水産、中小企業の3事業が連携して、総合力の発揮に努めています。政策の実施機関として、事業者の皆様方に資金供給するとともに、皆様方のニーズを中小企業政策に反映させる等、政府と事業者の「繋ぎ役」も果たして参る所存です。


熊本県中小企業家同友会の今後ますますのご発展、会員の皆様方のご健勝とご多幸を祈念します。私どもとしましても、皆様方のお役に立てるように精一杯努力しますので、どうぞよろしくお願いいたします。



2014年6月号掲載

日本政策金融公庫 熊本支店 中小企業事業統轄 大窪 正剛

日本政策金融公庫 熊本支店
中小企業事業統轄
大窪 正剛

昭和34年熊本県生まれ。
熊本高校、一橋大学卒業後、昭和58年旧中小企業金融公庫入庫。平成20年日本公庫静岡支店副事業統轄、22年営業推進部副部長、24年大阪支店副事業統轄を経て、26年4月現職就任

最新の特集記事

tei201706_1_ai

弁護士へ気楽にご相談ください

この4月から、熊本県弁護士会会長に就任しました宮田と申します。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。  熊本地震から1年が経ちました。甚大な被害に遭われた方もおられるかと存じます。お見舞い申し上げますと

続きを読む

mokkosu_201706_ai

2017.4.24放送分

ゲストの守田雅規さん(写真左)、岩井雅彦さん(写真右) 今回は、広報委員長の(株)アドロックデザイン岩井雅彦代表取締役と熊本県中小企業家同友会の守田雅規事務局員にお越しいただきました。 昨年4月に入局

続きを読む