熊本県中小企業家同友会

特集

各界からの提言

各界から熊本同友会会員へ向けた熱きメッセージ

一歩、外へ、踏み出す力を
その勇気で新しい未来が見えてくる

RKK熊本放送は今から70年前の1953年、626水害の年に熊本初の民間ラジオ放送局として開局しました。テレビ放送がスタートしたのは1959年。その年に私は生まれ、今年4月1日に代表取締役社長に就任しました。どうぞよろしくお願いいたします。

開局70周年に合わせて、40年ぶりにブランドロゴを一新。「一歩、外へ、踏み出す力を。その勇気で新しい未来が見えてくる。」Rの文字にはそんな思いを込めました。

また、パーパスを「正しい情報で人々に安心を。楽しさと感動で熊本を明るく。」と掲げました。

先行きが不透明で、なんとなく落ち着かない今日この頃。そんな時だからこそ、間違った情報に惑わされないよう確かなものを見極め、発信すること。そして、誰もが明るい未来へ歩めるよう笑顔を灯す番組をお届けすること。熊本をもっともっと豊かで素敵なふるさとに。みんなが安心できる平和な日々が続きますように。それは、70年前も今も、変わることのない私たちの誓いです。

このパーパスを実現するために、熊本放送は、テレビ・ラジオに加えデジタルを駆使し、よりパワーアップして情報をお届けします。

具体的には、在熊他局にマネができないことに力を入れていきます。テレビでは、平日夜のゴールデンタイムに3時間のローカル枠があるのは、熊本ではRKKだけです。「夕方ライブゲツキン」も合わせると、4時間近くローカルで展開できます。おかげさまで、「週刊山崎くん」「水曜だけど土曜の番組」というラインナップは多くの県民に支持されています。飽きられないように、新たなことにチャレンジしながら更に上を目指していきます。

ラジオでは、報道、気象予報士、デジタルニュース配信、豊富な音源があるのはRKKだけです。これらを活かしたラジオの新たな展開にトライしていきます。

なかでも昨年4月に始まったデジタルニュースのプラットホームNEWSDIGは、締め切りに関係なくいつでも、報道部に入ったニュースを正確に迅速に配信しています。

コロナ禍もようやく出口が見えてきました。昨年10月に開催したRKKまつりには、待ちかねたように多くの方々に来場していただきました。テレビ、ラジオ、デジタルの特性を活かし、街の賑わい創出に今年も取り組んでいきますので、どうぞご期待ください。

2023年6月号掲載

株式会社熊本放送 代表取締役社長 坂口 洋一朗

株式会社熊本放送
代表取締役社長坂口 洋一朗

昭和34年11月7日生、昭和57年3月熊本大学法文学部卒業、昭和57年4月(株)熊本放送入社 、平成28年4月 東京支社長(局長) 、平成30年6月取締役放送本部長兼報道制作局長兼ライブラリー部長、令和3年6月常務取締役 放送本部長、令和5年4月代表取締役社長(現任)

最新の特集記事

山鹿市議会議長 くまもと女性議員の会会長 服部 香代
各界からの提言
2023年12月号掲載

多様性が求められる社会で
女性議員の存在は重要

山鹿市議会議長 くまもと女性議員の会会長 服部 香代

「おなご(女)が選挙に出て、なんばすっとか!」2013年1月に初めて立候補した時、山間地を遊説中にある高齢男性から言われ...

NPO法人オハイエくまもと 理事長 入部 祥子
各界からの提言
2023年12月号掲載

オハイエくまもと
設立15年周年に向けて思うこと

NPO法人オハイエくまもと 理事長 入部 祥子

中小企業家同友会の皆様には障害者福祉にもご理解戴き、我々の活動にも応援いただいており、感謝いたします。 東北仙台発祥の音...

熊本県飲食業生活衛生同業組合理事長 横山様
各界からの提言
2023年10・11月号掲載

コロナ禍からの復活
熊本県飲食業界のさらなる発展を

熊本県飲食業生活衛生同業組合 理事長 横山 佳之

同組合は昭和42年に熊本の食の安心安全に努め飲食業界の健全なる発展に寄与するため設立しました。組合員への経営相談のほか県...