熊本県中小企業家同友会

組織紹介

広報委員会

2017年度役員

  • 岩井 雅彦
    委員長岩井 雅彦

    (株)アドロックデザイン
    代表取締役

  • 伊藤 大助
    幹事長伊藤 大助

    (有)九交防災
    代表取締役

  • 合志 正三
    副委員長合志 正三

    (有)熊日新聞菊陽
    販売センター
    代表取締役社長

  • 山本 友晴
    副委員長山本 友晴

    (有)九州中央経理
    代表取締役

  • 馬場口 一利
    副幹事長馬場口 一利

    (有)正文堂
    代表取締役

スローガン

理念を伝える

理念

地域への発信を強化し、存在感のある経営者団体をめざし、熊本を元気にする。

指針概況

  • 1.新しい情報メディアが次々に表れ、情報発信の課題が増えた。
  • 2.会員のSNS利用者が増加している。
  • 3.情報発信が簡単になってきて、真偽の見極めが重要になった。
  • 4.同友会活動に参加していない人が少なくない。
  • 5.熊本の長期的な復興支援が必要である。
  • 6.会員増強が課題。

中期活動方針(計画)

  • 1.「熊本羅針」「プロジェクトもっこす」やホームページを使って、同友会の基本情報(理念、組織など)を発信し続ける。
  • 2.SNSの有効活用を行う。
  • 3.支部・委員会・部会の情報交換を手助けし、会員参加率のアップに繋げる。
  • 4.会員増強につながる情報の発信。
  • 5.報道機関との連携を強化していく。
  • 6.広報委員会の増強を図る。
  • 7.行事・活動等の広報支援を行い、広報委員会活動を確立していく。
  • 8.広報委員会員のためになる委員会運営。
  • 9.復興支援活動としての広報活動。

今期活動方針(計画)

  • 1.SNS立ち上げのために利用ガイドラインの作成。
  • 2.発信力の強化のために会公式のSNSの立ち上げ。
  • 3.入会、例会参加につながるホームページの更新。
  • 4.「プロジェクトもっこす」を使った同友会の活動発信。
  • 5.地域への発信を強化するために景況調査記者発表会の開催。
  • 6.報道機関との連携を強化するための記者懇談会の開催。
  • 7.委員会増強のための委員会広報活動。
  • 8.広報委員会員のためになる委員会運営。
  • 9.復興支援活動としての広報活動。
  • 10.熊本地震を風化させないために記録集の準備。
  • 11.参加率向上のためにe.doyu活用の促進。
  • 12.会内の情報交換となる熊本羅針の企画編集。