熊本県中小企業家同友会

組織紹介

共育委員会

2020年度役員

会内役職 氏名 会社名/役職
委員長 木村 大輔 (株)モリシマ/代表取締役
幹事長 吉田 和生 (株)エネルギーテクノサービス/代表取締役
副委員長 福山 晋介 (有)美研/代表取締役
副幹事長 吉本 千剛 吉本中小企業診断士事務所/代表

スローガン

”21世紀型企業”を目指し、共に学び、気づき、育つ

理念

労使見解の精神を学び、経営者と社員が共に育つよい会社を目指す

指針概況

・“共に育つ”という理念のもと、熊本地震後の地域経済を共に乗り越えるため、どのような社員共育の場を充実させるか、共鳴される参加企業を増やし、自立型の人づくりに取り組み、全社一丸体制の企業を目指す。
・他の委員会・支部と積極的に協力し、活動の場を広げる。

中期活動方針(計画)

  • 1. 学びのサイクルを作り上げる
    (例)同友会会員になり会に積極的に参加すれば社員共育は充分だというサイクルを作り上げる
  • 2. 「経営指針、社員共育、共同求人、障がい者雇用」を四位一体で取り組み、障がい者を含む採用から社員共育、そして経営指針づくり、浸透といったモデルとなる企業を増やすことを目指す
  • 3. 「よい会社」を目指すために、「よい経営者」を目指す学びの場を設ける

今期活動方針(計画)

  • 1. 社員共育および共育委員会の活動の認知度を上げる
  • 2. 共育委員会へ参加者を幅広く募り、増員していく
  • 3. 各委員会・部会との積極的な繋がりを作る
  • 4. 各プロジェクトの更なる充実を図る
    (合同入社式、若手社員フォローアップ研修会、社員共育大学、県研究集会分科会)
  • 5. 共育委員会内の連携、活動、各社への取り組みなど、更に充実させる
  • 6. 事務局との業務効率化のために連携する