熊本県中小企業家同友会

組織紹介

共育委員会

2019年度役員

会内役職 氏名 会社名/役職
委員長 馬場 大介 (株)馬場石油/代表取締役
副委員長 吉田 和生 (株)エネルギーテクノサービス/代表取締役
副委員長 東 真理 森の人/代表
幹事長 木村 大輔 (株)モリシマ/代表取締役
副幹事長 石島 澄枝 スマイルカンパニー/代表
副幹事長 山本 龍幸 (株)熊本メスキュード/代表取締役社長

スローガン

21世紀型企業を目指し、共に学び、気づき、育つ

理念

労使見解の精神を学び、経営者と社員が共に育つよい会社を目指す。

指針概況

・委員会メンバーが、明るく、楽しく、自律的に活動できる環境整備をする
・他の委員会・部会・支部と積極的に協力し、活動の場を広げる
・理念のもと、”21世紀型企業”の社員共育の場を充実させ、共鳴される会員企業を増やす

中期活動方針(計画)

  • 1. 各支部から2名ほどの委員会メンバーを選出し、委員会と支部活動を中継してもらう。
    活動計画を「標準化」し、委員会メンバーの活動の負担軽減、やり易い環境整備を行う。
    委員会活動では、互いを尊重し、活発な意見交換・協議をもって進める。
  • 2. 他の委員会・部会との定期的な会議を通じて、年間のスケジュールをすり合わせ、
    企画の繋がりを組み立てる。
  • 3. 共育大学、研究集会分科会などG討論をより深めるために、
    委員会メンバーの学びと実践体験を、体系的に考え、アウトプットできるように委員会活動を行う

今期活動方針(計画)

  • 1. 2019年度活動指針に基づき共育委員会の指針および計画を履行、及び次年度との整合性を取る
  • 2. 社員共育および共育委員会の活動の認知度を上げる。各支部からの参加者を募り、増員していく
  • 3. 各委員会・部会との積極的な繋がりを作る
  • 4. 各プロジェクトの更なる充実を図る
    2019年度合同入社式および新入社員研修会
    若手社員フォローアップ研修会
    第18期社員共育大学
  • 5. 共育委員会内の連携、活動、各社への取り組みなど、更に充実させる
  • 6. 事務局との業務効率化のために連携する