熊本県中小企業家同友会

組織紹介

共同求人委員会

2017年度役員

  • 坂部 龍也
    委員長坂部 龍也

    (株)九州永田
    代表取締役

  • 原口 理加
    幹事長原口 理加

    (株)バカンス
    プロジェクト
    代表取締役

  • 江﨑 智見
    副委員長江﨑 智見

    東京会計(株)
    営業部長兼TAC熊本校学院長

  • 寺尾 恵美子
    副幹事長寺尾 恵美子

    (有)寺尾建築板金工業
    代表取締役

スローガン

めざせ雇用100人
選ばれる企業の連携で学生にアプローチ

理念

  • 1.若者から選ばれる魅力ある企業を増やす
  • 2.中小企業で働くことの意義と意味を発信する
  • 3.若者が活躍できる場をつくり地域に長く残す活動に取り組み
    共同求人活動に参加する意義を会内外に発信してゆく

指針概況

景況調査にも表れているように中小企業の人材不足は多くの企業で経営課題となってきている
また合同企業説明会の学生の参加数をみても熊本地震の影響があったにせよ企業数と同数程度の学生動員にしかつながらなかった。一方で学校と経営者の懇談会では熊本県の共催を受け各高等学校の就職支援を行っているキャリアアドバイザーの多くの参加をいただき地域の中小企業の魅力や情報を共有できるしくみは出来つつある。今後は先生方との交流もさることながら学生への効果的なアプローチができる活動を強化し、共同求人委員会に参加してみたいと思わせる活動を通して参加者を増やしてゆきたい

中期活動方針(計画)~2019年度まで

共同求人活動の意義や意味を理解し、諸活動が人を生かす経営につながるという視点で取り組める学びの場を提供することを中期活動の柱とし以下の目標到達点を見据えて取り組みます

  • 1.人材に関する課題を話し合える組織になっていく
  • 1.会員企業と学校を顔の見える関係にしていきたい
  • 1.合同企業説明会を全ての熊本の就職活動中の学生に情報発信していきたい
  • 1.採用した人が会社内で輝いている姿を発信する循環をつくりたい
  • 1.学校と経営者が共同で地域のためにできることを生み出したい

今期活動方針(計画)

  • ・就職につながる合同企業説明会の開催
  • ・学校と経営者の懇談会をさらに充実した活動にする(参加目的が具体的に見えるように)
  • ・学生との交流の機会を増やし中小企業の魅力を学生に発信する
  • ・同友会が考えるキャリア教育について意見交換を行い意義を深める
  • ・求人を経営課題としている仲間を増やし共同求人活動と運動の広がりをねらう