熊本県中小企業家同友会

組織紹介

政策委員会

2016年度役員

  • 穴井 憲義
    委員長穴井 憲義

    九州電設(株)
    代表取締役会長

  • 江藤 隆幸
    幹事長江藤 隆幸

    合同会社 SODEN
    代表

  • 田尻 ヤス子
    副委員長田尻 ヤス子

    (有)田尻石材工業
    取締役

  • 北川 正
    副幹事長北川 正

    (有)コンセプト経営開発研究所
    代表取締役所長

スローガン

圧倒的多数の人々の幸せの見える社会を実現しよう!

理念

  • 1.社員そして地域住民の幸せの実現に取り組みます。
  • 2.地域、そして中小企業・小規模事業者の永続的発展に取り組みます。

指針概況

今、国が進める地域再生には、中小企業・小規模事業者が大きく関わる事が重要です。それは中小企業が地域に根ざした企業であり、それにより地域を元気にする力を持っているからです。中小企業・小規模事業所、そしてそこで働く労働者が、本気になって「地域を良くして行こう」と思わなければ、地域は良くなりません。しかしたとえどんなに私たちが頑張っても、出来ないことも沢山あります。私たちはその地域の人々、行政、金融、学校等多くの関係者と、一体となって地域作りをしていかなければなりません。この取り組みが地域力経営です。そしてその運動の基礎や担保となるのが憲章や振興条例です。私たちは経済人として力を一つにし、憲章・振興条例の制定運動に取り組み、将来において中小企業省・中小企業大臣の設置を実現し、地域の永続的発展、そして個々の企業の発展を進めていきましょう。

中・長期活動方針

  • 1.県及び他の自治体に対しての政策提言を進める(政策提言チーム)
  • 2.中同協の憲章・条例及び政策委員会の会議、集会、視察等に参加する(憲章・条例チーム)
  • 3.県や市など条例に関わる行政との懇談会や意見交換会を行う(憲章・条例チーム)
  • 4.政策委員会として会員と学習会を開く(憲章・条例チーム)
  • 5.「熊本羅針」に憲章と条例について、報告・コラムを出稿する(憲章・条例チーム)
  • 6.経済の勉強を進める(経済研究チーム)
  • 7.同友会理念に基づく経営課題を、専門家を中心とした研究会として勉強会を進める(経営課題チーム)
  • 8.関心の高い重要なテーマについて「経営課題研究報告会」を開催する(経営課題チーム)
  • 9.REESの取り組みを推進する(REESチーム)
  • 10.木材を活用した地球環境問題に取り組む(REESチーム)

今期活動重点課題

  • 1.熊本県への政策提言の実施(政策提言チーム)
  • 2.行政に対して支部と協力し条例制定運動を呼びかける(憲章・条例チーム)
  • 3.出家ゼミの更なる取り組み(経済研究チーム)
  • 4.中小企業、小規模事業者への経営課題を取り上げ、その啓発と対応策の支援(経営課題チーム)
  • 5.REESの取り組みを推進する(REESチーム)
  • 6.木材を活用した地球環境問題に取り組む(REESチーム)
  • 7.熊本市との中小企業振興基本条例の報告会の実施