熊本県中小企業家同友会

特集

核心

経営課題への解決の糸口が、ここにある!

息子と二人三脚で。~波乱に満ちた人生を明るく、楽しく、前向きに~

(有)クレッシェンド 代表取締役 木下 智夫

(有)クレッシェンド 代表取締役
木下 智夫 (熊本同友会副代表理事)


-入会のきっかけ

TKUi&n(現TKUヒューマン)時代に経営幹部が会員で、会員企業の社長として何度かゲストで参加しました。1998年頃だったと思います。同友会の良さを感じ、その後、2004年に会員交代で私が会員となりました。色んな異業種交流のお誘いの中、同友会を選んだのは、グループ討論などで真剣に議論をする会だったからです。経営研究集会などのグループ討論に参加し「この会はスゴイ」と驚きました。
2005年末に、T K U を退職し、年明けに(有)クレッシェンドを起業しましたので、後任の社長と会員交代を行い、自分自身は2月にあらためて入会しました。


-雇われ社長時代の意識

グループ討論では、今聞いたばかりの報告者の話をどう思うのか、皆で意見を出し合い、意見をまとめて報告者に戻し、打ち返しを貰う。さらに懇親会で深める。他の団体にはない新鮮さがありました。
 でも、雇われ社長時代は「経営理念」とか「経営指針書を創る」ことはあまり考えていませんでした。業績を上げて、本社に歓迎されればいい位の意識しかありませんでした。社員に対しても「給料分位は働け」程度でした。
当時わたしは、別の子会社に転出する予定でしたが、i&nの業績が思わしくなく急きょ i&nの代表になりました。そこで業態を変えて良ければと約束を取り付けたので、代表取締役を引き受けました。当時売上の主流だったREAD(求人情報誌)に広告代理店としての仕事を加えました。各放送局を回って代理店になりました。そこで8年間代表取締役を務めました。


-息子とふたりで

全く予想外でしたが、息子と一緒に会社を興す羽目になりました。わたしは一人で代理店を経営しようと計画を練っていました。ところが、わたしが前職を辞める時に偶然にも息子も当時勤務していた会社(ハウスメーカー)を辞め、「わたしと一緒に仕事をしたい」と言い出したんです。全くその絵は描いてはいませんでしたので、戸惑いました。しかし息子が入ったことで「存続」とか「継承」とかを意識するようになりました。
困ったと思った反面、思わぬ喜びも生まれました。同友会が身近になりました。2006年(平成18年)の1月23日に「オフィス・クレッシェンド」が誕生しました。


-家族会社

妻に経理を任せて家族3人でスタートしました。ちゃんと入社式もしました。息子に「採用辞令」も出しました。今日から8期目に入ります(10月1日に取材)。
 TKUの社員だった頃は、永く住宅展示場担当を任されていましたので、土日も休みがなく、展示場を妻・息子と町中に出掛ける待ち合わせの場所にすることが多く、息子は、展示場で遊んでいました。わたしのことを「建築屋」さんと思っていたらしく、小学校の作文に「自分も建築士になりたい」と書いていました。 その息子が、同じ道を歩み始めたのです。


-慎太郎、同友会に入会

息子の慎太郎は、入社と同時に同友会の会員になりました。わたしが強制しました。自分が教え切れない分、同友会の皆さん方から教われよ、と言う訳です。ここも同友会の魅力のひとつです。最初は参加しようとしませんでした。意欲はあったと思いますが、グループ討論で自分の意見が言えないのが主な理由でした。
そこで2007年2月に沖縄で行われた「第37回中小企業問題全国研究集会(略称:全研)」に行かせました。「えらい所に行かせたね」と言って帰って来ました。翌年の仙台の「全研」にも行かせましたし、岩手や北海道で行われた中同協の「青年経営者全国交流会(略称:青全交)」にも行かせました。グループ討論の経験できちんと“自分の言葉”で自分の意見が言える様になったと思います。また、短い時間で自分の意見をまとめないといけないので、勉強になったと思います。


-息子に教えられ

同友会が良いからでしょうね。親子で入会される方も多数いらっしゃいます。親がやめて子どもが入る会員交代の場合もありますし、私たちのように親子で入会しているところも多いですね。共有する部分ができて、逆に教えられることもあります。理念に照らして「おかしい」とかの議論まではしませんが、説教されることもあります。


-同友会の良さを知って欲しい

2006年に現在の会社で入会してから、同友会内の役員を続けています。入会したもののグループ討論で自分の意見が言えなくて足が遠のく方々がおられますが、それをどうするかが課題です。既存会員が引っ張っていかないといけないと思い、電話やメールで声掛けを行ってきました。紹介者のフォローが大切です。「忙しい」は誰もが言う言葉です。参加して同友会の良さを知って欲しい。同友会は勉強する会です。


-副代表理事になって

2010年に副代表理事になり、今年で3年目です。その前3年間北支部の支部長を務め、その前は、仲間づくりの幹事長をしました。その頃は会員600名を目指していました。
 北支部長を務めた3年目からゆ〜ほく支部づくりに参加、会員を増やすには支部づくりが一番と考えました。副代表理事になる直前の2010年3月に設立総会を行いました。設立総会では、議長を務めました。
 「設立1年で会員数50名以上にするのはムリだろう」と代表理事に言われたのに発奮してゆ〜ほく支部の支部長の上田久男さんや幹事長の吉冨健一さん、幹事の皆さんと頑張りました。今は50名以上になっています。再来年の3月までに100名を目指しています。
 各県の同友会では、各県の中小企業の数の10%が会員企業となること(組織率10%)を目指しています。熊本は11位、まだ3.7%位で、まだまだです(10月1日現在)。香川県が一番で9%位です。念願の熊本会勢1,000名は目の前です。
 中同協の『中小企業家しんぶん』や熊本同友会の広報誌『熊本羅針』を会員増強に役立てたいと思います。行政にも影響力が出てきたのではないでしょうか。


2010年3月25日に行われたゆ~ほく支部の設立総会

2010年3月25日に行われたゆ~ほく支部の設立総会


-事業承継

70歳(後2年数ヵ月)になったら、事業を息子の慎太郎に承継する予定です。最近は、息子は息子で独自に仕事をしています。独立当初はすべてがわたしの売上でした。もちろん売上の目途があって独立した訳ですから、当たり前ですが、その後、売上が徐々に下がって行きました。大手の広告を扱っておりましたので、地元予算がカットされたり、なくなったりで一時はどうなることかと、心配しました。その中で息子が徐々に力を付けてくれて、自分のネットワークから仕事を生み出してくれるようになりました。同友会での学びやそこでできた人間関係が大いに役立っています。
 同志社大学のOB会の理事もしていて、月に1回京都まで出かけています。来年はNHKの大河ドラマ「八重の桜」があります。八重の夫は同志社を創設した新島襄です。来年は、仕事の大部分は息子に任せ、同友会とOB会の仕事(ボランティア?)で忙しくなりそうです。



2012年12月号掲載

【インタビュー】
(株)ゆうプランニング 代表取締役 木村 正夫
(熊本同友会広報委員長)

最新の特集記事

tei201711_1s
各界からの提言
2017年11月号掲載

「暇がないから図書館へ」

くまもと森都心プラザ図書館 館長 河瀬 裕子

くまもと森都心プラザは、平成23年10月熊本駅前にオープンした地下1階・地上6階建ての再開発ビルで、2F~6Fまでを指定...

tei201711_2s
各界からの提言
2017年11月号掲載

平成さくら支援学校が、開校しました。

熊本市立平成さくら支援学校 校長 市原 浩幸

熊本地震からほぼ1年たった、平成29年4月、熊本市南区平成2丁目に熊本市立として初めての特別支援学校が開校しました。今年...

moko201711s
プロジェクトもっこす 放送日記

2017.9.25放送分

(株)熊本地域協働システム研究所 宮田喜代志代表取締役、合同会社SODEN 江藤隆幸代表

ゲストの宮田喜代志さん(写真左)、江藤隆幸さん(写真右)  今年度は、新役員さんを中心にご出演いただいています。今回は、...