熊本県中小企業家同友会

組織紹介

宇城支部

2017年度役員

  • 熊井 聡
    支部長熊井 聡

    (有)魚光
    代表取締役社長

  • 村田 真郷
    幹事長村田 真郷

    (有)村田電設

  • 松原 晃由
    副支部長松原 晃由

    (株)なごみ石材
    代表取締役

  • 川口 邦則
    副支部長
    良い会社研究会
    川口 邦則

    川口司法書士事務所
    代表

  • 伊藤 慶輔
    副幹事長
    報告例会担当
    伊藤 慶輔

    (有)Prime1
    代表取締役

スローガン

◯◯力をつける! ―決めるのはあなた―

理念

熊本県中小企業家同友会宇城支部は、小さくとも強い会社づくりを目指す経営者及び幹部の集まる組織です。
その目標に向かってまい進する原動力として同友会の3つの目的を常に意識します。熊本地震から1年が経過し、 さまざまな問題点が表面化してきました。「ヒト・モノ・カネ」の中でも、特に人財不足は顕著であり、 改善の兆しが見えません。人財不足を解消するためには、まず「自社のあり方」を見直す必要があり、 バランスの整った経営環境を整えることが肝要と思われます。
そのために必要な◯◯力。これは各社枝葉は違えども根幹は同じはずです。
自社にとって必要な◯◯力を同友会で学び、気づき、そして実践します。

指針概況

12年目の宇城支部。幹事会をさらに発展させ、「◯◯力をつける幹事会」を目指します。
今期より、同友会の機構改正で支部活動の自主独立性が飛躍的に上がります。
これをチャンスと捉え、支部例会の充実と会勢拡大を図ります。

中期活動方針(計画)

宇城支部で行う学びの場ではプロセスの大切さを尊重しつつも、結果としての成果を重視します。
それを自社にフィードバックすることが社員の啓発につながり、ひいては組織力の向上につながると考えます。
具体的には、まず1年後の目標を掲げ、その間の年度内目標を立て段階を追って実現していきます。

今期活動方針

  • 1. 仲間づくり・・形骸化した仲間でなく本当の仲間を増やす◯◯力づくり
  • 2. 報告例会・・お悩み相談を主とした報告例会で◯◯力づくり
  • 3. PR情報(地域貢献)・・会報誌への支部連載と地域貢献のための◯◯力づくり
  • 4. 交流企業訪問・・密なコミュニケーションのための◯◯力づくり
  • 5. 良い会社研究会・・同友会3つの目的を推進するための◯◯力づくり